ファスティングの注意点

ホーム ≫ ファスティングの注意点

ファスティングは正しい方法を守らなければ、効果は半減、そして体調を悪くすることがあり危険です。

まず、こまめな水分補給をすることが必要です。 1日2リットル以上飲むことが理想的です。 夏場であれば、汗をかくのでそれ以上がよいでしょう。 体調が悪いときに行わないことも大切なことです。 疲れがたまっているときや、睡眠不足のときに始めると、体調が悪化する可能性があるので、必ず調子のよいときに行いましょう。

また、いきなりファスティングするのではなく、準備期間もきちんを行うことをお勧めします。 そうすることで、より効率的に体内の毒素を排出できるようになります。 ファスティングを行うときに適度な運動を取り入れると、より代謝がよくなり効率が上がります。 ウォーキングやストレッチなど軽めなものを取り入れましょう。 ファスティングの後はとてもおなかがすいています。 がんばったご褒美といって甘いものや焼肉などの高カロリー食に走りたくなるでしょう。 しかし、ファスティング後は体が軽い飢餓状態ですので、食べ物を吸収しやすくなっています。 回復期の間は、消化のよいものを摂取するようにしましょう。 食べ過ぎも厳禁です。 そして、次のファスティングまでは、体に負担をかけないためにも必ず2~3ヶ月は間をあけるようにしましょう。

女性は生理周期に合わせて、痩せやすい生理後に行うとより効果が得られやすくなります。 また、妊娠中や授乳中は赤ちゃんに栄養がいかなくなるので、酵素を取り入れることはよいですが、ファスティングはやめましょう。