酵素ジュース

ホーム ≫ 酵素ジュース

最近では、自分で酵素原液を作って酵素ジュースを作る人も多いようです。 自分で作るジュースには、たくさんの酵素が含まれています。 酵素原液は、本来野菜や果物の持っている天然の酵素を発酵することによって、酵素を増やして作ります。

酵素原液はどうやって作るのでしょうか。 材料は酵素の多い野菜や果物と砂糖です。 市販の酵素ドリンクと同じですね。 難しそうですが、作り方は意外とシンプルです。 いちょう切りくらいの大きさにした材料と砂糖を瓶などに入れ、常温で置き、毎日混ぜて空気によく触れさせます。 季節によっても違いますが、大体1週間前後で泡が出てきたら出来上がりです。 出来上がったら濾して、サイダーや水で割ったりして飲みます。 残った材料も食べることが出来ます。 さらに酵素を取りたい人は、手作りの野菜ジュースに混ぜて飲むのもよいでしょう。

市販の酵素ドリンクは、材料がたくさん使われていること、発酵時間が長いこと、加熱殺菌をしてあることが手作りと違います。 手作りの良さは、自分で作るので発酵具合を自分で加減できますし、自分の好きな材料を入れることができるので、自分好みで自分に合った酵素原液を作ることが出来ます。 季節に合わせて材料を変えられるので、その季節の栄養価の高い材料を使うことも出来ます。 さらに、加熱せずにそのまま飲むことができるので、酵素が死滅しません。 また、低コストで作れることも手作りの魅力と言えるでしょう。