酵素の効果

ホーム ≫ 酵素の効果

体内の酵素が不足するといったいどんなことになるのでしょうか。

昔から、人は汗をよくかく人に代謝がいいといいます。 すなわち老廃物を排出することが滞ると、体内に毒素がたまります。 便秘になると、体内に毒素がたまり、顔に吹き出物が出来たり、むくんだり、お化粧ののりが悪くなったり、太りやすくなります。 顔のお肌は第2の肛門といわれるくらい毒素が体内にたまっていると、調子が悪くなるのです。

また、酵素が足りないと、消化不良にもなって胃腸の調子が悪くなります。 昔はケーキや焼肉食べ放題なんて夢のようだったけれど、今では胸焼けがしてどうも昔のようにはいかない、という人はもしかしたら消化酵素が足りていないのかもしれません。 日々の食事に油物や肉類が多かったりすると消化に負担がかかり、消化酵素をたくさん使ってしまいます。 そうすれば、体内にある酵素は限られているわけですから、代謝が悪くなり、悪循環に陥ります。 また、風邪などをひいて体調を壊していると、よくおかゆを食べますよね。 これは、風邪を治すために代謝酵素がたくさん使われますから、胃腸を休めなくてはならないので、理にかなっているのです。

これらからわかるように、不摂生は酵素を余分に使いすぎてしまいます。 酵素は夜、特に夜の10時から2時の間に生成されます。 規則正しい生活は酵素を体内でより作ることが出来、たくさん働かせることができるのです。

そうすれば、代謝能力が上がり太りにくい体になります。すなわち、酵素は人が見た目も中身も若々しくいるためには欠かせない存在なのです。