ファスティング

ホーム ≫ ファスティング

よく、酵素ダイエットというとファスティングという言葉を耳にします。 ファスティングとはいったいなんでしょうか。

ファスティングとは、英語でfastingと書き、断食のことをさします。

ファスティングは、絶食とは違います。 絶食は何も食べないことですが、ファスティングは水と酵素ドリンクを摂取します。 酵素ドリンクには良質な酵素と、最低限必要な栄養素が入っています。 食べることは人間の本能ですから、期間の長いファスティングや知識がない状態で行うことは危険ことです。 なぜ、ファスティング中は固形物を摂取してはいけないのかというと、胃腸を休ませるためです。 胃腸を休ませると、消化酵素をあまり使わなくていいので、その分の酵素は代謝酵素に使われます。 そうすると、代謝能力が高まり、体内の毒素を排出しやすくなります。

よく宿便を出すといわれますが、固形物を食べなくても便は出ます。 なぜなら、便には食べのものカスは5%しか入ってないのです。 水分が約60%で、残りは新陳代謝により腸壁細胞の剥がれ落ちたものや腸内細菌の死骸です。 代謝能力が高まるファスティング最中は、まさに腸内の大掃除が行われ、宿便となって老廃物が出ていくのです。

つまり、ファスティングは体内の酵素を本来の状態に戻し、代謝能力を高め、健康的な体の状態にすることを目的にしています。 ダイエットを目的に始めらる人が多いですが、ダイエットの効果ははむしろ副産物で、健康体になった体の素晴らしさに驚くことでしょう。