断食ダイエット

ホーム ≫ 断食ダイエット

断食とはなんでしょうか。 断食とは、自分の意思で固形物を一定の期間摂取しないことです。 古来より人は断食と深いかかわりがあります。 宗教上、修行の一貫として現在でも行われています。 また、医療目的の断食もあります。 ただし、断食は本来の人間の食べるという本能を一時的に中断するわけですから、行うには正しい知識が必要です。

断食をすることで、固形物を摂取しないので、体内の胃腸を休めることができます。 そうすると、体内の酵素のバランスが消化から代謝へ移り変わります。 そうすると、体内にたまった毒素を排出する代謝能力が高まります。 これにより、腸内能力が高まり、宿便がでます。 よく、断食中に顔に吹き出物ができてしまうのも、代謝能力が高まり、老廃物を体外に排出しようとしている証拠です。 顔は第2の肛門と言われるくらい、毒素を排出しやすいのです。

断食中に水だけですごすことは、あまり得策ではありません。 それは、体内にまったく栄養が来なくなってしまうと、体が飢餓状態に陥ってしまい、断食終了後に食べ物をとった後、吸収されやすくなりすぎるからです。 さらに、酵素を体内で生成するためには、栄養が必要です。 その最低限の栄養は摂取しないと効率的な断食ダイエットは出来ないでしょう。 断食中は固形物以外で最低限の栄養を摂取する必要があります。 酵素ドリンクや酵素ジュースなどは、胃で一度酵素の活性がなくなったとしても、新たに酵素を体内で作り出す栄養に長けています。 取り入れることで、より効果をあげることが出来るでしょう。